やっぱり住むならエコ住宅

やっぱり住むならエコ住宅―家族がもっと元気になる家を建てよう!
中島 早苗 / / 主婦と生活社
ISBN : 4391127822
スコア選択:
図書館にあったこの本がふと目に留まり 借りてみました。

エコ住宅  今までそんなこと 考えてもみませんでした。
住めなくなった家は 産業廃棄物として ゴミになる  そういう感覚をもったのもつい最近。
30年で住めなくなった家と 100年持つ家か。。。

ただ 昔は 家を住みつないでいたけど 今は自分は自分で建てるみたいなところありませんか?

親が考えて作った家を子ども達がまた 住みたいと思ってくれればいいんだけど。
売り渡してもいいのか。 でも 古くなっても 価値がある家にしないといけないね。

正直 古い家を本気で住みたいか? と聞かれたら  そりゃ 新しい家がいいよと今の私は思ってしまいます。

それでも なるべく自然素材を使い  自然にかえせる家つくりを考えてみるというのは必要かと思います。

家を買うってどんな感じなんでしょう?

父は勢いで買った人。  土地をふらっと見に行って そのまま建売の家を買ってしまった。
メーカーの思う壺のお客さんですね。

我が家は転勤族なので まだまだという気持ちがありますが、 もし地元にいれば もうそろそろ買いたいと思う時期ですよね。

この本は 建築士と一緒に オリジナルの家を建てましょう~ということを言っている本です。
建築士か  なんだか 仕切りが高そうだったのですが、 なるほどと思う点もあり、選択肢の一つに入れてみようと思いました。

自分がこういう 生活をしたいというのがしっかりあると いいそうです。
ただ 時間と手間隙 そして それなりに最初に資金は高くなるそう。
それを覚悟で していけるなら という条件もあるみたいです。

そして エコ住宅に関しても  後で手入れがあったり 万が一のトラブルもありうるというのもあるそう。  同じ基準で作ったものではないので  建築士も思わぬトラブルが発生というのも あるそうです。

人にも環境にもいい家 そんな家が作れたらいいですよね~

家作りでも それから住んでいく場合でも  手間隙をかけることを楽しめればいいんですよね。
きっと  出来るかな。。。

実家でふと思ったこと  1年でも2年でも 両親と一緒に住める時間が欲しいな~と思いました。
嫁に出て 転勤族  自分が選択したことですから  難しいのかもしれませんが、 一人娘として やっぱり そんな時間もあったらいいな~と

両親に伝えて欲しいことって いろいろあると思うんです。 これは離れてみたから分かることですが、 若かったことでは 受け入れられなかったこと  ずっと一緒に住んでいたら素直になれなかったこと が 今はきっと 離れて両親への思いが変った自分だからこそ いろんなことを教わりたいという気持ちがわいています。

これがね~  婿養子をもらって 最初から同居してたら 思えなかった気持ちだろうな。。。と思うんです。 私はね。
ちゃんと 長女や一人娘の人が 婿養子さんをもらっているのを 聞くと やっぱり胸が痛むのは事実です。
親孝行の仕方は きっと いろんな形があるから  一緒に住むことがぜったいだとは思わないけど、今 仙台と石川とはなれて  父の入院に顔もみせれなことは つらいことです。
いいこともあったんですよ。  自立できたというか  親を頼らないで 主人や友達に頼ったり一人でがんばったりしていたことは 私にとって大きな財産になったと思うし。

これが近くに住んでいたら 親のありがたみも 主人との関係もうまくいっていなかったかもしれない。

思いがあれば 叶えられると信じているので 必ず両親と一緒に住める日が来ることを前提に 夢のマイホーム いろいろ勉強して 描いていきたいと思います。

家の話からずいぶん 脱線してしまいましたね。
エコ住宅 いろんな資料があるそうです。  また 調べてみようと思います。
マイホームつくりを考えるのは本当に楽しいですよね。

その前に 次のマンション住まいのことも 考えておかないと。。。
うまく 理想的なマンションとのご縁があります。と お願いしないとね。
で 次はいつ?  これが分からないのが転勤族なんですよ。
[PR]

by cramu412 | 2008-08-19 11:01 | 日々の事