「ほっ」と。キャンペーン

アレルギーの会

ちょっと悩んでいることがあります。

私は保育園栄養士をしていたこともあり アレルギーのあるお子さんがいるお母さんのお役に立てないかな~と思っています。

で 春から 卵 乳製品を使わない パン教室をしようかと思っているのですが、サークルというか 「クラム」のサロンのひとつに アレルギーがあるお子さんがいるお母さんたちの交流の場つくりというのができないかな~と思っています。

例えば ナチュラルスイーツを食べながら 情報交換をしたり 気軽にみなさんとおしゃべりしたり。

ただ アレルギーのお子さんは 食べ物でショックとかもあり 除去した食べ物でも 調理道具からの成分でショックを起こすこともあるので そんなときの対応などもできませんし、
知識としても ないに等しいので  私なんかが会を運営していいのか。
後 私自身が アレルギーの子供を育ててないので 本当の大変さはわかってあげられないというのがあるのです。
大変さもわかってない私がつべこべいうのもなんかな。。。とかね。

私が何かを教えるということはぜんぜんできないけど 交流できる場つくりというのはできなかな~と思うのですが。 

ぜひぜひ ジュンコさん やって!という方が そうですね。4名くらい名乗り出てくれたら やりたいな~と思うのです。

仙台ではヘルシーハットが一番情報があると思います。 きっと親の会なんかがあるんじゃないかな。

いろんな考え方があって それとか今 アレルギーの方をターゲットにいろんな商品があったり。みんな治してあげたい一身だから いろんなものにチャレンジしたりしてると思うんですよね。一人で悩んでないで 同じ思いをしている人たちと交流できたらきっといいんじゃないかな~って思うんです。

私は場を提供して きっかけつくりのお手伝いができればいいし そこからお友達とかが出てたらうれしいな~
出されるおやつが食べれなくて 気を使ったり かゆさがひどくて親子供ともども精神的に追いすめられたり  
ストレスも関係あるそうなので ちょっとでも 気分転換ができるといいな~と思うのですが。

私の思いとしては スイーツの会のように 我が家に集まって 午前中 ちょっとお茶したり、みんなで相談しながらなにかできれればいいかな~

小麦アレルギーのお子さんのために 米粉を使って おやつを作ったり。

ただし 米粉もこなものですので アレルギーの方たちにはとても負担になるそうです。
粉物 油 砂糖などは厳禁 というのが経験されたお母さんからのアドバイスです。

スイーツの会は 小麦と豆乳を使うので 小麦と大豆がアレルギーがある方は参加できないんですね。
でも ちらほら 小麦アレルギー 聞くんです。

おやつのレシピ交換や お料理や病院の情報交換 きっと寝具やお洋服にも気を配っている日もいるだろうし 幼稚園選びに悩んでいる人もいるかもしれない。

他のお友達となかなか遊ばせられなくて 孤立している親子もいるかもしれない。

アレルギーのお子さんをみて 自分を責め続けているお母さんもいるかもしれない。

今 食物アレルギーで除去食をしているお子さんはたくさんいます。
そして それらの治療法がきちんと(皮膚科 小児科との見解が食い違う) 統一されてない現実があります。
たくさんの民間療法もあり 試行錯誤している人たちに なにか私ができることはないかな~
そんな風に今 思っています。


ただ これはただのおせっかいと捕らえられても仕方がないのかな。。。とも思っています。
私の傲慢な考え なにかをしてあげようという おくがましい思い。

なので そんなこと あなたがしなくてもいいんじゃないという意見もきっとあるように思っています。

なぜ自分がここまでアレルギーのお子さんにこだわるのか自分でもわからないけど、今 本当に当たり前のようにたくさんいて 意外と同じような境遇のお友達が作れてないんだな。というのが最近のご縁のある方たちのお話を聞いて思うことなんです。

マクロビオティクスもそうですが まだまだ 周りの理解があるようでない。
情報が入ってくるようで入っていない そんな風に思うんです。


追記  考え方の違い
おひさママさんがコメントくれたので ちょっと追加します。
お子さんの対応の仕方 自分の考え きっと千差万別の思いがそれぞれのお母さんにあると思う。だから 例えば私と同じ考えじゃなくてもいい。 そんな考えもあるんだ。。。
というものでもいいし 同じ考えの人とであって そうそう私の気持ち分かってくれるっていうのもとってもいいと思うんです。
ステロイドひとつとっても 使うのか使わないのか 除去食もするのかしないのか。
お布団を全部 ダニ対応のものにまでするのかしないのか 自然食 ホメオパシーなどを取り入れるのか入れないのか。
いろんな思いでしてもいい でも みんなの共通はかゆみが発作が起こらないように 楽しい毎日が送れるようになってほしい きっとそれは同じはず。

見方が変わると いい方向に迎えるきっかけがあるかもしれない。
それは 私がマクロを知って 実感していることです。


これはあくまで私の理想論です。  知らない物ゆえの理想論
不快に思われる方がいらっしゃたら申し訳ありません。
この記事を書くのに かなり悩んでいました。
自分の考えがいいのか悪いのか その判断も いろんな意見があってわかることもああるかもしれない そう思い 思いを吐き出してみました。




私のサロンをしたいというものの中の理由に きっかけつくりというのがあります。

例えば 今までの自分を見つめなおす きっかけつくり 
今の自分から脱したい 変化したい そんなきっかけつくり
気づきのきっかけつくり  あ~本当はこんなことだったんだ~~

後そうだな。 物の見方を変える きっかけつくり  ある一方から見るのではなくて こんな見方や考えからやり方もあるんだ~~というきっかけ。

お友達をつくるきっかけ なにかを始めるきっかけ  

誰かにちょっと背中を押してもらえたら そんな風に私は思っていました。
そして たくさんの人に 押してもらって今の自分がいます。

人や出来事もご縁です。私は一人っ子なので友人に本当に恵まれてなんとかここまでやってきました。
今年に入ってからも 本当にたくさんのことを友人に助けられてきています。

公園デビューがあったり ママ友達というのがあったり ○○ちゃんのママ ○○さんの妻 そいう肩書き抜きとして 一個人  私だと○○ジュンコという一人の女性としての 人や出来事のご縁を大切にしていきたい そう思っています。

同じ波長の仲間つくり それを大切にしたい そんな風に思っています。

結婚して子供を産むと 意外と孤独だったりします。わたしなんか学校や幼稚園だととっても孤独です。 無理やり自分と波長の違う人たちとがんばって交流しようと思わなくなってから 思ってもいないことをいいながら あわすことをやめました。

でも 学校でも幼稚園でも努力はしています。 あわすことも大切とも思うし意外な人と趣味があったりすることもあるし。

同じ趣味だったり 考えだったり 好きなことだったり 悩みだったり そんなことを話せる友達つくりができる場所が作りたい そんな風に漠然と思ってみたりしております。
[PR]

by cramu412 | 2008-03-26 21:33 | 日々の事