「ほっ」と。キャンペーン

布ナプキン専門店 レメディーガーデン

自由が丘に行ったとき たまたま ランチをした シンプルモダンマクロビオティスク の前にレメディーガーデンがありました。

実は京都に行っていたとき バスの広告があって すごい 布ナプ専門店があるんだと 思っていたところでした。 引き寄せられましたね~

店内はかわいい布ナプがたくさん。  わぁ~ ここに娘を連れてこよう! そう思いました。

いろんなメーカーのものがあり 迷ってしまいます。


最近では目にすることも多くなった布ナプ   私が始めた頃はまだまだ やっている人もいない 売っているところもない 情報もない 頃で したね。 3年くらい前だったかな?

めんどくさがりやな私が続いているのですから 誰でもできますよ。


布ナプ  もう少し勉強して 普及活動したいな。

特に若い子に

私は縫い物が苦手なので 作らないのですが 手作りもいいよね。


私は ヒロコさんの一番 初期のタイプを今でも使っており。 だって 傷まないから 変えられないんだもん。
彼女の人がらが 大いに出ている こちらも お勧めです。


私が布ナプをする 大きなきっかけは 娘に伝えたいから。
自分が実践できてないと 娘に教えられないと思ったから。

娘も5年生    ガリガリさんのやせ子ちゃんなので きっと もう少し後だと思うけど、使って欲しいな~と 母は願っています。でも 無理やりはしない。でも この心地よさを味わうと 市販品には戻れないんだな。

理想は コントロールできること  血液を自分に意思で排泄できれば  学校での取替えも 苦ではないと思うから。

布ナプをすると 自分として 女性として 向き合う機会になると思っています。

嫌なもの めんどうなもの 早く終わって欲しいもの それほど重要ではないものとして 生理を捉えるのではなく  

体調を見たり あ~ 自分は女性なんだな。とか  そのことのありがたさとか 神秘さとか  命の大切さとか
赤ちゃんへの希望とか。 そんな 月一度の チャンスだと 思えるようになってほしいと 願っています。
[PR]

by cramu412 | 2011-08-14 09:06 | 日々の事