コーチング

今年 1月 コーチの養成講座が終わって 1年たとうとしている。 さいたまにきて すっかり コーチングから離れてしまっており、 なんだか どうしたものかな~と 思っています。

一時 コーチングは もういいや。と 思ったこともあったのですが、狭い範囲での コーチングというより いろんな意味も含んでの コーチングという感じでかかわっていけたらと思っています。

目標設定して それにむかって どうやっていくか? というのも ひとつのコーチングですが、もっともっと セッションを通して いろんなことが出来ると思っています。

昨日も 気になっているコーチのブログを拝見したら ガス抜きのセッションというのがありました。 いっぱいいっぱい 詰め込んでいるものを いったん抜き取ってから コーチングをはじめるといい。と  

私が尊敬している コーチは 本当にいろんな内容のセッションをされています。 小さなことから大きなことまで 


私が思うには  気づき。   セッションをすることによって 自分の中にある答えに気づく。

カウセリングなのか コーチングなのかの 判断が微妙な部分って 多いと思うんですよね。
過去のトラウマが 絡んでいたり 思い込みがあったり、 それこそ スピリチュアル的に言えば 過去世のことまで 絡んでいるかもしれない。


でも 今より ちょっと 自分が 楽に慣れたら スッキリ できたら 自分によしと思えたら
いいのにな~と 思っているのなら その解決に 役にたてる 自分でいたいと思います。


どんな形で 私ができるのか? それを投げかけ続けてみようと思います。

仕事となるのか 趣味になるのか? ボランティアとして 活躍することが ベストなのかもしれないし。

先日  mixiニュースで ただただ 話を聞くサービスが 流行っているみたいなのがありました。
10分 1000円くらいらしいです。

傾聴のテクニックというのを使うとありました。


自分の話を最後までしっかり 聞いてもらう。 それだけでも ずいぶん  楽になりますものね。

おせっかいおばさんや おじさん ただただ 話を聞いてくれる おばちゃんや おじいちゃんの存在が少なくなってきている 今。 そんな存在が必要とされているのかもしれません。


私も今  すっかり 気を許して  話が出来る 身近な存在がいないため かな~り 苦しいです。

母が こっちにきて ずいぶん 聞いてくれているんですけどね。 母にも 時間をとらせて悪いので そうそう 電話できるわけでもなく。
旦那もね  あっちはあっちで 大変みたいだし。



どこでもドアが欲しい~  そしたら ちょいっと 仙台遊びに行くのに。

ねぇねぇ お茶しに行っていい?   そんな存在が 早くできるといいんだけど。


あっ  ねぇねぇ お茶しに 行っていい?と 言われたら 喜んでお待ちしておりますので
さいたまの みなさま ぜひ よろしくお願いします。
[PR]

by cramu412 | 2010-12-23 08:28 | 日々の事