「ほっ」と。キャンペーン

ユッキー塾 7月

今日は ユッキー塾でした。
いろいろ内容があった中 相手の伝え方というのがありました。
子どもなどに どういう風に 伝えればいいのか? 褒めればいいのか?
意外と やりがちなことは 実は とってもよくなかったとか。
今日も たくさんの気付きがありました。

コーチング講座と聞くと なんだか仕切りが高いかもしれませんが  ユッキー塾の場合
コミュニケーション講座というくらいの 気持ちで参加しても きっと たくさんの収穫があるように思います。
ユッキーさんが とってもわかりやすく 伝えてくれていますよ。

9月からは連続講座が始まります。 もちろん コーチングを学べることも楽しみですが  集まったメンバーがすばらしいらしく そこらへんも楽しみです。

すべてのコーチングテクニックや 知識がなかったとしても ちょっとしたコツを知っていることで 日頃の出来事が変わっていくように思います。

興味のある方はぜひぜひ 参加してみてはどうでしょうか?

私もいつか 伝える側に立ちたいな~ そう 思っています。






夕飯の時間 娘が
「お母さん  個人面談 いつ?」と 聞いてきました。

母、「まだ決まってないよ」
娘、「なんか私 嫌われてるようなんだよね~」  と

先日からぽつぽつとそれらしきことは言っていたのですが、 深く話したがらないで そっとしておいていたのですが。

娘、「なんか にらまれてるんだよね」と
母、「にらまれてる  特定の人? クラスの子?」

などなど  コーチング 幻想斬りを盛り込みながら  状況把握。

どんな彼女は思い込みをしているのか?

どうも 自分は 嫌われている 気がする

あくまで 気がするというのです。

そのとこに対して。

自分に自信を持つこと
クラス 全員から 好かれようと思わないこと
決してみんながみんな 自分をいいとは思わないということ
にらんでくると 思う子に対して 明るく あいさつしてみること でも 見返りは期待しないこと
いいところを 見つけるようにしてみること
ホ・オポノポノをやってみること
お祈りしてみること
神様が守ってくださってると思ってみること
がんばりすぎないこと
溜め込まないこと
悲しい つらい気持ちを セドナメソッドで解放すること
嫌われてるかもしれないという 思い込みを 外してみること
大丈夫だと 自信を持ってみること

自分の持ってる限りの知識を総動員して  お話してみました。
そして 自分の昔話も

私も3年生のとき 転校してから そりゃ いろんな友達とのトラブルがありました。
というか 今でも 人間関係いろいろあるし。。。

これから いろんな出来事あるからこそ 自分を強くしていけること
決して 無駄でもないこと
自分を変えていくしかないこと
引き寄せと思い込みのこと
あなただけではないこと
いいところはいっぱいあるということ
お母さんはいつも あなたの見方だということ


セドナメソッドを使って  といいかけたら

「ああ~ 解放ね」 と

わぉ~ わかってらっしゃる^^

ちょっと すっきりしたと 明るい顔になって よかったです。


この数年 自分が自己流で学んできたことが 少しでも子どもの役にたてたかもしれないことが うれしく思います。

子ども達 これから たくさん  悩み 悲しみ 苦しみ 悔しい思いや 嫉妬 ねたみ 落ち込み せつなさ
そんな感情を どんどん 味わっていくんでしょうね。

そんな時  ちょっとでも 親として アドバイスできればいいな~ 
そんな風に思います。

人間関係 学校のこと  勉強のこと  もうすぐきっと 恋のことも いろんな出来事をとうして成長していく子ども達。

親はただただ 見守るしか出来なくなりつつあります。

7つの習慣 ファミリー
という本があります。
信頼関係の 貯金 というのがあるのですが、 思春期の親子関係は この信頼関係の貯金によって わかれるというものです。

親にいえない  親を信頼していない 思春期としては 当たり前なんだけど
ここぞというときには いえるような関係を保っておく
私はなかなか 子育てをうまく 出来ないで来ています。
それこそ 信頼関係なんて どんだけあるやら。

今日の コーチング講座でもありましたが  子どもの能力をつぶすような行動ばかりしている母です。
だけど。
自分の学んでいることが ちょっとでも その日頃の 穴埋めになれればと 思っています。

相手を変えようと思わないで どう自分の心の持ち方を変えるか。
そこが ポイントのように思っています。


そして 私の心の持ち方も クリーニング し続けていこうと思います。
[PR]

by cramu412 | 2009-07-07 22:39 | 日々の事